覚えておきたい地震発生時の行動(オフィス編)

ビル

オフィス街にいる時

ビル

窓ガラスが割れて降ってきたり、看板は落ちてくることも。都会ではビル同士の間も狭く逃げ場がありません。揺れを感じたら、カバンなどで頭を守りつつ、建物から離れた広い場所へ移動しましょう。

空からの落下物を考えると、建物内にいた方が安全なケースもあります。無闇に外へ飛び出すのではなく、頭と体を守れる場所で揺れが収まるのを待ちましょう。

オフィス内にいる時

オフィス

仕事中の地震で怖いのは、窓ガラスやロッカー、そしてキャビネット。全面ガラス貼りで開放感のあるオフィスやキャスター付きのキャビネットが凶器に変わります。激しく揺れたら机の下に潜り、頭と体を守ることを徹底してください。

また高層ビルであるほど、揺れ幅が大きく長時間揺れが続くことも特徴です。東日本大震災の際、10分を超える横揺れが生じたケースもありました。余裕があれば、廊下やエレベーターホールなどオフィス家具や窓ガラスのない場所へ避難して、揺れが止まるのを待つことも肝要です。

その一手間が減災に

工具

オフィス家具は背が高く、書類など重量が大きいものが収容されていることがほとんど。家具の転倒により怪我をするなど直接的な被害の他にも、出入り口を塞ぎ閉じ込める場合も考えられます。

壁や床にオフィス家具を固定し転倒防止策を講じたり、重いものを下に収納して重心を下げるなど、家庭と同じ基本的な地震対策をしっかりと行ってください。