のん、映画「Ribbon」のロケ弁に大喜び。脚本・監督・主演の3役に挑戦した日々

のん、頭上に掛かった虹の光が映画公開を祝福?

俳優から音楽活動、映画監督までマルチに活躍している創作あーちすと”のん”さん。
2月16日に自身のInstagramを更新し、「これは、映画Ribbon、撮影初日の写真」と言葉を添えて、4点の写真を投稿した。

ベッドに座った彼女は、マスク姿で熱心に何かを書いている。

のんさんは「描いた絵コンテを整理しながらカット割を台本に書き込んでるところ。初日のお弁当にかけてあった、めでたいリボンが嬉しかった。そしてとても美味しいお弁当だった。公開まであと9日。」と胸の内を明かした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

のん(@non_kamo_ne)がシェアした投稿

マルチな才能の持ち主のん、脚本・監督・主演の3役こなす

のんさんが描いていたのは、彼女が脚本・監督・主演を務めた映画「Ribbon」のカット割。彼女にとってこれが初の劇場長編作品となる。

映画内では、コロナ禍によって卒業制作展が中止となった美大生を演じる。渦巻く感情と向き合いながらも、未来に向かって歩み出す青春ストーリーに世界から注目が集まっている。

リボンが象徴的な本作品。彼女は、お弁当に掛かったリボンに喜びを感じていた。

スタッフとカメラワークを確認し合う姿は、まさに真剣そのもの。どんな作品に仕上がったのだろう。2月25日の公開日が待ち遠しくて仕方がない。

【映画「Ribbon」】主題歌入り予告篇60秒2022年2月25日(金)ロードショー

引用元:Youtube Instagram